Loading...

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

仕事をお探しの方

企業ご担当の方

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 第13回 小野寺 睦さん

『がんばる先輩紹介』コーナー、第13回の先輩は小野寺睦(おのでら むつみ)さん。株式会社ネクサスで、営業職として勤務しています。

インタビューコラム

現在のお仕事の概要を教えて下さい。

建設会社の営業と帯広市や十勝管内に出店を希望している企業への物件・店舗紹介を行う業務をメインとしています。

ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムについての印象は?

最初は、ハローワークや求人誌などで仕事を探していましたが、希望に合うところはなかなかありませんでした。そんな時、友人がこのシステムを教えてくれました。普通は企業の提示している条件を見て応募するところを、自分が希望を提示し企業へ公開するという仕組みだということを聞いて、「本当に就職が決まるのだろうか?」と、とても心配でした。

しかし、登録後、書類の書き方を親切に指導して頂き、徐々に不安は消えていきました。

また、それまで履歴書は、ただの個人の履歴と考えていました。しかし、履歴書を含め企業に提出する書類は全て自分をアピールするものと教えて頂きました。

もともと企業への提出書類は時間をかけて作成していましたが、このことをきっかけによりいっそう丁寧に作成するようになりました。

転職活動で気をつけたことや苦労したこと、実感したことは何ですか?

年齢の面でとても苦労しました。新聞や求人誌で仕事を探しても自分の年齢では、該当する求人が少ししかありませんでした。

また、私は不動産関係の仕事を希望していましたが、その点でも求人自体が少なく知り合いを頼っても上手くいきませんでした。そんな状況だったからこそ、ジョブ・ジョブとかちからのリクエスト求人の存在はとても大きいものでした。

今の仕事に就いて、今後の夢や目標を教えて下さい。

まずは、「お客様の繁栄・サポート業に徹すること」、「会社の利益目標への貢献」、この2つを柱に頑張っていきたいと考えています。

現在、建設業界はとても厳しい状況にあります。しかし、そんな中でも売上を伸ばし、管内で一番の会社になることを目指したいと思います。

これから転職を考えている方にアドバイスをお願いします!

事情があって希望ではない仕事をしている方は多くいらっしゃると思います。しかし、人生に悔いを残さないためには、妥協しないで望む仕事をすべきだと思っています。

実は私、ジョブ・ジョブとかちを通じて再就職したのは今回で二回目になります。以前の会社では、業務内容が「希望していた業務内容ではなかった」ということが、働く上で大きな悩みでした。今は、本当に自分のやりたい仕事に就くことが出来、関係者の皆さんに感謝しています。

人事担当者様の視点から

ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムについての印象は?

株式会社ネクサス 総務部 部長 花久 正子  氏 談

実は小野寺さんを採用する際に初めてジョブ・ジョブとかちの存在を知りました。それまでは、中途採用求人は行ったことが無く、今回の求人を行う際、他の媒体を利用する予定でしたが、どの様な方が応募してくるか不安がありジョブ・ジョブとかちを利用しました。

ジョブ・ジョブとかちの登録者の方は、あらかじめ選考の上登録となった方々なので人材の質という点では安心出来ると思いました。ジョブ・ジョブとかちを通じて応募される方は、面接時の提出書類もしっかり記載されています。

採用したい、と感じる「人材像」について。

基本的なこととしては、

1.服装や髪型、挨拶、言葉遣いには最大限注意を払うこと!
2.履歴書の記入欄は全て記入すること!
3.字は丁寧に書くこと!
4.特に記入日をきちんと入れること!

就業意欲の第一印象として確認する部分です。
次に、仕事に取り組む心得としては、新人であっても給料を目的としている以上はプロですので、「給料はもらうものではなく稼ぐものである」という「プロ意識を持って仕事に取り組む」ということが大事です。そして、仕事の姿勢として「プラスαの気配りが出来る方」が好ましいと考えています。例えば、複数のコピーを頼まれた際に、そのまま渡すのではなく丁合をしてから渡す、というようにただ頼まれた事を行うだけではいけないということです。

また、「ビジネスライフに目的と計画を持っている」ということも大切です。この想いを持っている方は、自らを向上させるために努力を惜しみません。
同時に、例え転職を繰り返し、職場が変わってもその過程の中で自分のやりたいことをきちんと持っているので、次の会社でもしっかりと仕事に取り組んでいけると考えています。


※この内容につきましては、ご本人と企業の方のご了承を得てお名前を掲載しております。