Loading...

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

仕事をお探しの方

企業ご担当の方

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 第14回 熊谷 俊さん

『がんばる先輩紹介』コーナー、第14回の先輩は熊谷俊(くまがい しゅん)さん。

インタビューコラム

帯広地方卸売市場株式会社で、現場技術職として勤務しています。

現在のお仕事について教えてください

7人のチームで、水産冷凍物(サケ、マグロ、サンマなど)の入出庫が主な業務です。その他には、冷凍保管業務として個人・企業の荷物を預かり、その管理をしています。

ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムについての印象は?

新聞広告で協議会が主催するセミナーを知り、是非参加したいと連絡したのが、ジョブ・ジョブとかちに登録するきっかけでした。

そもそも、仕事は今ある求人の中から自分で探すものだと考えていました。ところが、このジョブ・ジョブとかちは、まず自分を企業に見てもらうことから始まるのでとても新しい感じがしました。

しかし、自分で求人情報を見られるわけではなかったので、心配や不安はありました。その後、企業からリクエスト求人が届いた時に初めて、このシステムに登録していたのだと実感出来ました。

また、情報公開するために作成した情報シートや職務経歴書は 自分を見直す良い機会になりました。

転職活動で気をつけたことや苦労したこと、実感したことは何ですか?

全体的に少ない求人数の中、経験者・即戦力が求められていることが多く、「これまでの自分のキャリアでは当てはまらない。」ということが求職活動の中でとても大きな悩みとなっていました。また、面接などの前向きになれる材料が少なかったことも精神的に大変でした。

しかし、「悩んでばかりはいられない!」と、ジョブ・ジョブとかちへの登録やその他の求職活動で、今出来ることを一生懸命頑張ろうと考えました。

今の仕事に就いて、今後の夢や目標を教えて下さい。

会社にとって「なくてはならない存在になりたい!」と考えています。そのためには、「職場の皆さんと協力関係を築き、業務をスムーズに行なうこと。」そして、「自分を向上させるために資格取得の学習をすること。」は欠かせないと考えています。

求職者の方へメッセージをお願いします。

自分のことを知ること、客観的に見られることは必要だと思います。そういう意味でも、ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムは素晴らしいシステムだと思っています。

また、実は今回のリクエスト求人について最初は「どういう会社なのだろう?」、「職場はどういう雰囲気なのだろう?」等と悩んでいました。しかし、企業の採用担当者の方に連絡をすると、「会社説明だけでもどうですか?」と気さくな対応をしていただき、その後何度か会社訪問をさせて頂く中で、少しずつ悩みも解消されていきました。その結果、現在の職場へ就職することが出来ました。

仕事をしていないと人や社会との関わりが少なく、「いざという時になかなか行動に起こせない。」ということがあると思います。しかし、一人で悩んでいないで誰かに相談をするなどして、「いつでも行動に起こせる!」、 「いつでも働ける!」ように準備をしておくことが大事だと考えています。

人事担当者様の視点から

ジョブ・ジョブとかち求職者登録システムについての印象は?

帯広地方卸売市場株式会社 取締役総務部長 後藤 尚氏談

求職者情報はいつもWebで見ています。氏名以外の年齢、経験などが一覧で見られ、よく考えられたシステムだと思っています。

熊谷さんにリクエスト求人を出した頃、フォークリフトの資格を持っている、そして欲を言えば冷凍機技術者の後継者となる人材を探していました。そんな中、目に留まったのが彼でした。

熊谷さんは工業高校の電子機械科を卒業していたことからも、こちらの求める人材の要素は感じました。

また、今までの勤務経験から「面白い!何でも出来そうだ!!」と、どんどんと想像が膨らんでいきました。

このように、求職者の方の「的を射た情報」は選考の上で非常に役立ちました。

十勝では離職した人たちに対して再就職は厳しいと思っています。しかし、だからこそジョブ・ジョブとかち求職者登録システムの存在意義は大きいと考えています。

求職者の方へメッセージをお願いします。

「一人で出来る仕事量はたかが知れていて、チームで仕事をしないと会社の仕事は前には進ではいけない。」と思っています。

どんな仕事であれ、人間関係を良く保てる人が重要と考えています。


※この内容につきましては、ご本人と企業の方のご了承を得てお名前を掲載しております。