Loading...

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

求人者と求人企業のマッチングシステム「JOB JOB TOKACHI」

仕事をお探しの方

企業ご担当の方

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. がんばる先輩 第37回 曽我部 裕子さん

ジョブ・ジョブとかち『がんばる先輩紹介』ページ、第37回に登場していただく先輩は、 デジタルグラフィックス㈱にお勤めの曽我部 裕子さんです。

曽我部さんの仕事場です

インタビューコラム

曽我部さんは、職能開発センターのパソコン基礎科でジョブジョブとかち求職者登録システムを知り、その後登録し、協議会での情報公開→リクエスト→企業面接を経て就職が決定しました。現在は、ホームページの作成を中心として、パソコンに関するお客様の疑問や悩みにお応えしています。その他ネットショップ、デザインに関することも行っています。では、早速再就職や現在のお仕事についてご紹介いたします。

求職者とのQ&A

Q、ジョブジョブとかち求職者登録システムを知ったきっかけは?

A、職能開発センターのパソコン基礎科で、パソコン授業中に担当の方が来てPRをされてました。その時に初めてこのシステムを知りました。

Q、ジョブジョブとかち求職者登録の印象は?

A、初めてこのシステムを知った時は、今まで飛び込んだ事のない新業種に、就職を挑戦する私にとって、全く先が読めない就活のシステムでした。

Q、転職活動で気をつけたことや助けられたことは何ですか?

A、気をつけたことは情報シートを作成する中で、「初対面の方に、短時間で自分をきちんと説明する」事が、とても難しいと改めて思いました。口ベタな私は人前で話をすることが大の苦手です。「先ず自分をよく理解してから、次に相手によく理解してもらうアピールの仕方」(礼儀作法も含めて)について特に気をつけていました。

助けられたことは、協議会から就活について多くの情報を与えて頂いたことです。時代に合った最新の情報を得る事が出来、お陰で今後、長い仕事人生のうえで「へ~!知ってよかった!!」と、思える知識をたくさん得られました。

Q、今後の目標を教えて下さい

A、アーティストとデザイナーは違いました。その事をよく理解して、お客様が喜ばれる、お客様の個性を活かしたデザインを提案できるようになりたいと思っています。

Q、それでは最後に、これから転職を考えている方にメッセージをお願いします。

A、就活NGワード「どうせ自分なんか…」「もう年だから…」「とりあえず…」

「ジョブジョブとかち」を知るきっかけになった職能開発センターでのjobカード作成時での恩師の言葉を思い出します。「jobカードは完成させる事が1番の目的ではありません、工程が1番大切です。自分をきちんと見つめなおすいい機会ですから。」その通りでした。それが、後の情報シートを書くのにとても役立ちました。就職の原点は、まずは自分見つめですね。

企業側の視点

デジタルグラフィックス株会社 河村 知明社長

親切・丁寧なサービスを日頃から心掛けている社長!!

企業のご紹介

『笑顔を繋ぐ仕事がしたい。』

デジタルグラフィックス株式会社はICTを活用して、人々の笑顔を繋ぐ事で社会 に貢献したいと考えています。 また、ICTのみならず、人と人を結ぶコーディネーターとして、元気な地域のコ ミュニティーをデザインしていきます。 インターネットの活用や情報発信、地域のコミュニティー作り、社員研修などで お役に立つことが出来ますので、お気軽にご相談下さい。

Q、協議会のホームページを制作するにあたって意識したことはありますか?

A,はい。協議会のホームページ作成にあたっては3つの事を意識し取り組みました。

  1. 企業者側と求職者側をきちんと分別することで、閲覧する方が迷わないようにした事です。
  2. イベント情報をカレンダー形式にした事です。
  3. 協議会の担当者が、求職者の情報公開やセミナー等の更新がしやすいようにした事です。

※その説は、わがままを聞いて頂き、またその都度、事務局まで何度も足を運び指導や、更に格安で作成までしていただき、大変感謝しております。お陰様でリニューアルされてからは、セミナーや登録説明会の予約申込みが多くなりました。

Q、今後のビジョンなどはありますか?

はい、弊社のビジョンはただホームページを制作するだけでなく、「クライアント」と「クライアント」を繋ぐ役割を担っていける会社で在りたいです。更には、総合情報発信のアドバイザーという立場で、企業様にとって、また十勝管内に於いて貢献できる会社を目指します。

Q、最も採用したいと感じる人材像はどういった方でしょうか?

A, やる気があって、仕事として業務を取り組むのでは無くて、趣味やライフワークとして楽しんで業務に取り組むことが出来る人。採用時の重要なポイントはやる気と、今までの人生観、誠実さ、弊社に役に立つスキルを持っていたり、スキルに近い趣味を持っていたり、そのスキルを習得したいと思う強い意志がある人です。

Q、面接で感じること(良い意味&悪い意味)や重要視することはありますか?

A、採用面接では、やる気を見ます。どこでも良いから就職したいと思っている人間であれば弊社では雇用しません。自分のやりたい事がハッキリしていて、弊社の仕事が自分の自己実現のステップであると言う考え方を面接でぶつけられれば、直ぐに雇用が出来なくても将来何とか採用したいと強く思うと思います。

ただし、面接だけでは、やる気を見せても実際働いてみると無理をしているケースもあるので、その辺の見極めは難しいかもしれません。前の職場の悪口を言う人は、経験上これからの職場の悪口を言うので、あまりお付き合いをしたいとは思いません。

Q、求職者対応の皆様へ何かメッセージはありますか?

A,とにかくこちらで募集をしていなくてもやる気があって、何か自分のプランを持っている方であれば、何か新しい出会いが有ると思うので、気兼ねなく会社に来て、自分のやる気を話していただけると嬉しいです。

お問合せ、ドシドシお待ちしております。

Q、ジョブ・ジョブとかちのシステムについてどう思われますか?

A、随時送っていただいているメールで、現在の就職希望者の状況が分かるのも良いですが、実際、相談した時に実に親身になって、会社にあっている人材や、その人の性格ややる気、人間性等的確に把握して、紹介してくれるので、大変助かりました。


※この内容につきましては、ご本人と企業の方のご了承を得てお名前を掲載しております。